HOME研究助成先・成果報告 > 第10回「産業基盤の創生」研究成果報告会・「新産業を生む科学技術」中間報告会2021 オンライン開催

第10回「産業基盤の創生」研究成果報告会・「新産業を生む科学技術」中間報告会2021 オンライン開催

7月14日、東京・千代田区のステーションコンファレンス東京において、キヤノン財団第10回「産業基盤の創生」研究成果報告会・「新産業を生む科学技術」中間報告会2021をオンラインで開催しました。

報告会は、今年3月に研究が終了した研究助成プログラム「産業基盤の創生」3件の研究成果報告、新プログラム「新産業を生む科学技術」11件の中間報告の内容について、関係者が報告会前にビデオ視聴し、当日は質疑応答をメインに実施されました。

報告内容を事前にご覧いただいた事で、会場だけではなくオンラインで参加された選考委員の先生方も積極的に会に参加していだき、各セッションごとに設定された座長の先生の進行のもと、より深い議論が展開されました。コロナ禍で、今年もオンライン開催となりましたが、研究者たちの素晴らしい成果に対する先生方の鋭い視点の質疑、今後の研究展開の助けとなるような的確なアドバイスで、大変有意義な会となりました。

報告会の最後に、長田義仁選考委員長から、「挑戦的で将来を見通した研究課題が多く、この報告会で深い議論が出来た。このように多彩な分野の研究者が一堂に会し議論することは、広い視野を持って自分の立ち位置を理解し、創造的な研究を進めるうえで非常に大切なことです。キヤノン財団ならではのこの会を契機に更に研究を発展させ、それぞれの分野でリーダーになってください。」と、全体の講評と、今後への期待の言葉がかけられました。